腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

腰痛、腰の痛みが起きるときには、必ず原因がありますから、原因を見つかることなく表面上の痛みを楽にすることは湿布を貼ったりサプリメントを飲んだりマッサージしたり低周波治療器や電器をしてもできますが、原因が残ったままになっています。

腰痛の原因を見つける

低周波治療器や電器
【ここをクリック】093-962-9133 携帯番号を用意して『ホームページを見た』と言って予約した方は初回5000円が30年記念で3000円になります。2回目も3000円です。

 

体に何かが起きる時には、どこかに原因があるはずです。その原因から見つけ出して変えていかない限りは、直しているとは言えませんが、簡単な方法で見つかる事もなく、もし、見つかっても変えることは容易ではありません。
多くの腰痛、腰の痛みを楽にする方法は、原因を改善していないことが、ほとんどだと思います。
腰痛、腰の痛みを起こしている、本当の原因が簡単に見つかる事はありません。
原因を見つける為にも、他の多くのモノを減らしていく必要があるからです。
当院では腰痛、腰の痛みの研究をしていますが、当院で確認できている腰痛の原因は特別なことでもなく、ごく普通に多くの方が、普段から使っている言葉です。
それは何をしても多くなり、何もしなくても体に多く蓄積していくモノです。
これは毎日、毎日の生活、仕事、運動、精神的な緊張、プレッシャー、眠りの浅さで多くなるモノです。
多くのなるモノを減らすことが出来ていない方が多くいますから、ため込んでしまって腰痛、腰の痛みになっています。
それは、疲れです。
蓄積疲労
疲れと言っても、あなどってはいけません。疲れもたまれば限界なく、ため込むことができるからです。
溜め込んだ疲れが、どこにたまるのか。
それを、知っている一般の方もいないと思いますし、専門家の先生も、わかっている方は少ないと思いますし、説明できないからテレビでも雑誌でも紹介されることや特集されることはありません。
しかし現実に多く生み出されているから、何かを起こしても不思議ではありません。
何かをして、『疲れたぁ〜』と感じても、しばらくしたり、寝たら、疲れを感じなくなる事がありますが、本当になくなっているのか、と言う疑問です。
体に蓄積した疲れは簡単になくなる事はありません。
しかも疲れは、たまる所があります。
人の体には、弱い部分と、そうでもない部分があります。そうでもない部分は痛みやコリになることもなく、先将来につながる事もありませんが、弱い部分は、そうはいきません。
弱い部分には疲れが溜まりやすく、限界なくたまっていきます。
疲れがたまる弱い部分が、どこなのか??
人の体は体重の65%から76%は水分です。水分と言っても血液、リンパ液、脳せき髄液、細胞の中の水です。
水分
水分に疲れがたまることはないと思いますから、あとの残りは神経と血管とリンパ管と皮膚と筋肉とじん帯と脂肪と骨と内臓です。
神経と血管とリンパ管と皮膚と筋肉とじん帯と脂肪と骨と内臓の中で、代表的なモノは一般的には筋肉です。
当然、筋肉にも多くの疲れはたまっていきますが、筋肉だけではありません。
筋肉にもたまりながら、毎日、働いてくれる内臓に多くはたまっていくことが、わかっています。
しかし内臓といっても病気ではなく疲れや疲労の蓄積です。勘違いしないようにして下さい。
弱い部分とは、筋肉だったり、関節だったり、内臓の場合もあります。
しかし大半は、病気ではない状態で内臓に疲れとして溜め込まれていきます。
筋肉は主に表面上にありますが、内臓は一番、中心部にあります。
中心部にある内臓に多くの疲れがたまっていくと、限界なく蓄積していき疲労になり、疲労から蓄積疲労になります。
普通、一般的に蓄積疲労のことをストレスと言いますが、人がストレスと言う場合、意味も分からずに使っています。だから当院ではストレスと言わないで蓄積疲労を使います。
疲れが限界なく多くなり体の弱い部分に多く蓄積していくと骨盤の歪み・骨盤の開きが起き出します。
徐々に骨盤が安定する力を失っていき、さらに腰痛に関係する部分に多く蓄積していくと、どんどん骨盤の歪み・骨盤の開きが大きくなります。
疲労が蓄積していく部分の内臓は腎臓です。
腎臓が弱い方が、腎臓にドンドン疲れをためていき、限界なくためながら腎臓に関係する筋肉のバランスを崩していきます。腎臓に関係する筋肉は骨盤を固定したりする筋肉ですから、骨盤の固定力を無くしてしまい、骨盤の歪み・骨盤の開き、背骨のズレになっていきます。
骨盤の歪み・骨盤の開き、背骨のズレも大きくなって拡大した時に、重たいものを持ったりすると体を支える事ができません。
だから姿勢を動かしたり、立ったりすると痛みが大きくなります。
体を支える事が出来ないからです。
これが、腰痛のメカニズムと原因です。
腰にたまる疲れ

眠りの浅さからの崩れが起きる

毎日、毎日の生活、仕事、運動、精神的な緊張、プレッシャーからも疲れは多くたまってしまいますが、眠りの浅さからも疲れは多くなり弱い部分にたまっていきます。
眠りとは、熟睡の事を言います、寝る時間が6時間から8時間あっても、熟睡が出来るのは30分以内です。つまり熟睡の時間の30分があるのか、無いのかで眠りは決まります。
布団やベットの上で目を閉じてスースー寝息を立てていても寝ている訳ではありません。
寝ている方を見てスースー寝息を立てていても気持ちよさそうな感じでも脳の中の事までわかりません。
熟睡
脳から寝ないと、眠れていません、眠れている方は腰痛にはなりません。良い睡眠をしていれば眠ることで日常の疲れが取れているからです。
日々の疲れは脳が寝る事で、脳が減らしてくれるからです。
脳が寝ることが疲れをため込むことを減らしてくれます。

不眠症と腰痛

不眠症
不眠症と言うのは、夜に寝ようとすると寝つきが悪く1時間も2時間も眠れなかったりするのが不眠症の特徴です。
また夜に目が覚めてしまうと、30分、1時間も眠れない場合も不眠症です。
しかし夜に目が覚めても、すぐに眠れる方もいますから、この方も不眠症になります。
脳が眠る為には、時間がかかります。深く眠る時間が必要です。熟睡に入る時間が必要です。
不眠症の方は自律神経の働きも悪くなっていますが、自律神経が悪いからではなく眠れないからです。
眠れないと代謝も悪くリンパの流れが悪くなり老廃物が多くなり循環が悪くなります。
しかし、それだけではなく、ありとあらゆる問題が起こります。
当然ですが筋肉のバランスも悪くなり、骨盤の歪み・骨盤の開き、背骨のズレも起こり内臓の働きも悪くなります。
全体的な体調も、ボロボロです。
眠りが浅いと、脳が弱っていきます。脳が弱っただけでは済まない事もあり、脳が疲弊したり衰弱している方もいます。
最近は、疲れの蓄積だけで済まない方も出てきています。
脳が弱ると疲れを多くため込んでしまいますが、脳マヒが起きる方もいますから痛みやコリに鈍感になる事もあります。脳が弱ると脳内麻薬が多くでて痛みやコリを感じにくくしてしまいます。
と言う事は起きていても、わからないので普通に過ごせますが、徐々に限界を超えていくと、やっと腰痛をして感じる方もいます。この方は、悪化させたり、こじらせたりしている為、厄介な状況で簡単に痛みが良くなりません。
疲れを減らして体を整えただけでは楽にならないこともある為に、体質改善をして少しずつ変えていくことで楽になりますが、体力がないと体質改善はできません。つまり体質改善をする為には期間を詰めないと進めません。

 

睡眠負債と腰痛

睡眠負債
不眠症とは違い睡眠負債と言うモノがあります。睡眠負債の眠りの方は朝まで目が覚めません。その為、寝ていると思っています。
夜に寝ようとすると、すぐに眠れて寝ながら考え事をしている睡眠になっている時間が長くあり、目が覚める瞬間に夢を見るから、夢のことしか頭には残りません。
この方も体はボロボロですが気が付いていない方が多くいます。
この睡眠負債の方も、脳マヒが起きたり脳内麻薬が多く分泌されている場合もあります。
その為、限界まで悪くして、こじらせた状態で腰痛になっている方もいます。
非常に厄介な状況の方もいます。

 

当院では体質改善の矯正をしています。

体質改善とは

体質改善
体質改善と言うのは弱い部分に多くの疲れがたまっていくので、日常で多くなる疲れの蓄積を減らしたい訳ですけど、減らすことは簡単ではありませんから、疲れがたまる部分から変えていくことをするのが体質改善の矯正になります。
体質改善は、初回からできることはありません。
まずは疲れを減らしたり骨盤の歪み・骨盤の開き、背骨のズレを改善する必要があります。
体質改善は、それからです。
疲れ
体質改善で弱い部分を変えない限りは変わりません。腰の痛みがない時も進行するからです。

 

 

 

 

小倉南区で腰痛、腰の痛などの治し方は湿布を貼ってもマッサージ、ストレッチ、運動、筋トレサプリメント、病院、体操よりも効果がある徳力整体院。
腰痛、腰の痛みが、どうして起きてしまうのかという原因を考えなければ表面上の痛みだけを楽にすることは多くの治療法でできる可能性もありますし湿布を貼ったりマッサージをしたり鍼を打ったり低周波治療器や電気などをかけたりサプリメントやドラッグストアに売っている物を飲んでも楽にすることができる可能性もありますが対症療法ばかりしていると原因が残ったままになっていますので原因が残ったままだと 痛みがない時でも原因が進行したりこじらせたりすることがあります。
対症療法という治療法は原因何かは関係なく原因を見つけ出すこともなく表面上の痛みだけを楽にすることをしているだけです。
腰の痛みがある時に病院に行って注射を打ったりすることも痛み止めになりますので痛み止めも原因を見つけ出すこともなく痛みを止めているので対症療法になります。
低周波治療器や電器

 

腰痛になる時には

腰痛や腰の痛みが起きる時には必ず骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが同時に起きていることが多くありますので骨盤の歪みや骨盤の開きが起きていると筋肉や靭帯がバランスが悪くなっているだけではなく筋肉や靭帯が炎症や腫れを起こしていることもあります。
骨盤の関節や背骨の関節が歪んだりずれたりすると、筋肉や靭帯は引っ張られたり緊張したり弱ったりしていきますので、炎症や腫れが起きるのは当然だと思いますし、筋肉や靭帯が安定しないといつまでたっても不安定で骨盤が歪んだり開いたりしたり背骨がズレたりしていることがあります 。

歪みやズレが起きるのは

みやズレが起きるのは特別なものではなくあるものが体に多く蓄積しているのが原因なんですがあるものというのは多くの方に溜まっているものです。
歪体にたまるあるものというのは毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することで多く生み出されていくものが体に積み重なっていくのが原因で腰痛が起きてしまいます。

体に積み重なるあるものというのは疲れやストレスです

毎日毎日の生活や仕事をすることや体を動かしたり運動したりジョギングをしたり歩いたり散歩したりすることでも多くの疲れやストレスは生み出されていきますので生み出されてしまった疲れやストレスが体の弱い部分にたまる傾向があります 。
肩が弱い方でしたら肩こりになりだ胃腸が弱い方が便秘になり生理に関係する部分が弱い方は生理痛を起こし腰が弱い方は腰痛になるということです。
疲れやストレス

痛みの原因の体には何がある??

体の部分に疲れやストレスがたまるということを説明しましたので体の中に何があるのかと言うと体重が100 kg の方が入るとしたら体をぎゅっと絞ってみると水分が65 kg にもなりますので体重の半分以上が水分で構成されているということですから水分に何かが起きるとか水分に疲れやストレスがたまるということはないと思いますので、あと残った35 kg の中に疲れやストレスがたまるところがあります。
35 kg の中には神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と皮下脂肪と脂肪と骨と内臓しか存在していませんので内臓と言っても中枢神経系の大脳や脳幹や脊髄も入ります。
この中で疲れやストレスをためやすい所というのは筋肉にも貯まりますが筋肉よりも何倍も多くの疲れやストレスが溜まるのは内臓です。
しかし内蔵と言っても病気と言ってるわけではありませんので内臓に疲れやストレスが溜まることが原因で骨盤の歪みや骨盤の開きが起きて背骨がずれて腰が痛くなります。
水分

腰痛を起こす内臓は

腰痛を起こすのは筋肉よりも内臓だと説明しましたので内臓にも色々な内臓がありますが腰痛に直結して起こす原因は腎臓で起きてしまいます。
弱い腎臓に疲れやストレスが溜まってくると腎臓に関係する筋肉のバランスに影響が出てしまい筋肉バランスが崩れてしまいます。
筋肉バランスが崩れた状態で骨盤が固定されるのが失われてしまいますので骨盤が歪んだり骨盤が開いたり背骨がずれたりして骨盤が不安定になってしまいます。
しかし骨盤が歪んだり開いたり背骨がずれたりした段階ではまだ軽い方ですから痛みやコリもありません。
骨盤の歪みや開いたりすることや背骨がずれたりすることも程度がありますので軽いうちは何も感じませんが徐々にひどくなって行った時に重たい物を持ったり中腰をしたり前かがみをしたり長く座ったりくしゃみをしただけでも腰が徐々に痛くなっていきます。
腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどとは

睡眠負債と腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

最近は多くの方が自分で気が付いていませんが睡眠負債状態になっている方が多くいますので睡眠負債から起きる腰痛というのもありますので睡眠負債状態の方は不眠症とは違い夜に寝ようとする時に、すぐ眠れて朝まで目が覚めることがないのが特徴なんですが普通に考えれば良い睡眠をしているように思えるでしょうが実は最悪の睡眠になってる方が多くいます。
不眠症というのは寝ようとする時に寝つきが悪く1時間も2時間も眠れないのが不眠症の特徴でありますし夜中に何回も目を覚ますことがあるのが不眠症ですし夢を多く見るのが不眠症です。
しかし睡眠負債というのは夜寝ようとする時に寝つきがよく朝まで目が覚めないけど夢を見るのは目が覚める直前だけですし、夜中に寝ている時も寝ながら考え事をしている睡眠が特徴です。
睡眠負債は寝ながら考え事をしている睡眠が特徴なんですが一番眠りが浅く最悪な睡眠何です。
睡眠負債の方が腰痛を起こしてしまうとこじらせた状態の方が多くいます。腰痛をこじらせてしまうと簡単には楽になることができません。
睡眠負債

体質改善と腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

当院では体質改善という施術をしていますが腰痛が起きやすい部分というのは腎臓だと説明しましたので腎臓を強く支えていく方法ができるのが体質改善の唯一の特徴です。
体質改善

 

 

 

 

名称 カイロプラクティック徳力整体院 または、 徳力整体院
相談 無料相談受付中
予約方法 完全予約制
電話番号 093−962−9133

 

住 所

福岡県北九州市小倉南区守恒本町2-2-10 2階です

交通機関 小倉南サンリブもりつね店の正面

モノレール守恒駅下車 徒歩3分
守恒バス停前(サンリブもりつね店の前に有るので)

近隣には

ナフコ徳力店 (信号にかからなければ車で5秒)
小倉競馬場から車で1分 (信号にかからなければ)
北九州免許試験場から車で2分 (信号にかからなければ)

駐車場

共同で3台あります。(看板側に寄せて止めて下さい)

営業時間

月曜日・火曜日・木曜日・金曜日 

 

午前中 9時〜11時40分 
午 後 13時から18時30分

 

水曜日 9時〜17時まで   
土曜日 9時〜13時まで

定休日 日曜 祝日
施術技術 整体 カイロプラクティック 気功
クレジットカード できるだけ現金でお願いします。

 

JCB VISA PayPay