小顔矯正

当院では30年の経験から人気のある小顔矯正をしていますが小顔矯正をして行く時には誰だ顔を小さくするだけでは意味はありませんので本当は顔だけではなく体の整えていくことをしないと持続力や維持することができません。
多くの方が小顔矯正を希望されて訪れていますが本当に顔が小さくなるのかという質問をよくされますし小さくなったら小さくなったで維持すること、持続力があるのかということを聞こえます。
小顔矯正をしている時には本当に顔が小さくなる小顔矯正をしていますので必ず全員の方が顔を小さくすることができます。

小顔矯正とは

小顔矯正をして顔が小さくなったら維持することができるのか持続力があるのかという問いにはご自分の体の状態が深く関係していますので治療技術の関係ではありません。
当院の小顔矯正は小顔矯正と言うか美容整体と言うかそういう意味合いをこめて言っていますが本当は体を治すことをして顔を小さくするという小顔矯正です。
エステなどでやっている子顔矯正というのは電気をかけたりマッサージをしたりクリームを塗ったり コールドスチーム、蒸気スチームをかけたりという感じだと思いますのでそういう状態では中の中まで見ていません。
小顔矯正

表面上の小顔矯正

小顔矯正をして行く時には表面上の部分ばかりしていてはあまり効果が出にくく維持することができませんが当院でも初回は本当に顔が小さくなるということをお見せするために顔だけ触って顔を小さくするように努力をしています。
しかし本当は顔だけ触ってする小顔矯正というのは顔は小さくなることはできますが体の状態を確認して意味なければ維持することができるのか持続させることができるのかということが大きな問題として考えられますが当院の小顔矯正は人気がある子顔矯正ですからある程度は維持することができると思いますが完全にできるとは思っていません。

小顔矯正で顔を小さくする

小顔矯正をして行く時には毎日毎日の生活や仕事をすること屋歩いたり運動したりジョギングをしたり買い物をしたり車の運転をしたり食事をしたりすることで多くのあるものが体に蓄積していくのが関係しています。
体に蓄積していくものというのは誰でも存在しているものですからない方はいません。
体に多くの蓄積するものというのはストレスです。
ストレスというのは和製日本語ですから英語ではありません。
ストレスという意味を日本語で考えると使っている言葉に近いことで考えてみると疲れという意味になりますので蓄積した疲れがストレスだと思います。

ストレスと小顔矯正

ストレスと小顔矯正は深い関係がありますのでストレスが多く貯まれば貯まるほど顔がむくんだり顔の脂肪が増えたり顔が変形することもあります。
ストレスというのは大変強いものなんですがマッサージをしてストレスが減ることはありません。
ストレスというのは何をしても減らすことはできませんので減らすことをしない限りはいつまでたってもストレスは増えるばかりです。
ストレスというのは限界なく蓄積していきます。
ストレスがここまでしかたまらないということはありませんので貯まるところがありますから貯まるところにいっぱい溜まっていきます。

ストレスのたまる所

ストレスがどこにたまるのかということが小顔矯正をして行く時には一番の影響を出していきますのでそれを説明していかなければ小顔矯正をすることはできないと思います。
ストレスというのはどこにたまるのか。
体にたまるところがあるから溜まっていきます。
例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると水分が65 kg にもなりますので体重の半分以上は水分だということなんですが単純な水ではなく血液だったりリンパ液だったり色々な体液が存在していますのでそれの総合計が65キロにもなります。

体にたまる疲れやストレス

あと残った35 k の中に疲れやストレスがたまるところがあるということなんです。
疲れやストレスが溜まるところというのは神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯とは脂肪と骨と中枢神経系と内臓しかありません。
この中で疲れやストレスがたまりやすいところというのは内臓と筋肉になりますが内蔵と言っても何でもかんでも病気というの結びつけることなく内臓にストレスが溜まることも多くあります。
と言うか内臓にストレスが溜まることがほとんどです。

内臓にたまる疲れやストレス

筋肉にストレスが溜まった部分から考えると内臓の方が圧倒的に多く何十倍も多くのストレスを溜めてしまっています。
内臓の働きが顔を大きくしてしまい大きくなるというのは脂肪やむくみが大きくなることもありますが内臓に異常なほどストレスを溜めてしまった方は骨まで変形を起こしていきますので寝ている間にまたは昼間でも徐々に顔全体が大きくなっていきます。
先ほど説明したように内蔵にストレスが溜まると説明しましたが中枢神経系である 大脳や脳幹や脊髄まで多くのストレスを溜めてしまいますので特に小顔矯正で一番関係する大脳にストレスが溜まることが原因でイライラしやすくなったり頭痛が起きたり目が見えにくくなったり目やにが多くなったり眼精疲労が起きたりしています。

中枢神経にも疲れやストレス

中枢神経系である大脳が弱ってしまうと端の部分にも炎症が起きやすく鼻の部分に炎症が起きると花粉症みたいになったりしますしアレルギー性鼻炎が起きたりすることもありますがアレルギー性鼻炎は鼻の部分と肝臓から起きています。
内臓にストレスがたまると説明しましたが内臓には弱い内臓とそうではない内臓が存在しています。
そうではない内臓というのはあまり関係がしませんが弱い内臓というのはストレスを溜め安くストレスを溜めてしまうと色々な症状になったり痛みやこりの原因になる歪みやズレが起きたりします。

小顔矯正をする前には

最近は本当に多くの方が小顔矯正に訪れていますが当院の小顔矯正では小顔矯正に入る前にご自分の顔を触って大きさや形、幅など覚えてもらうことをしています。
これは必ずしてもらうことですから小顔矯正をするときに小顔矯正をする前に触ってもらい小顔矯正をした後にもう一度触ると小さくなったのが分かると思いますが簡単な方法ではないみたいです。
院長は慣れていますからすぐにわかりますが触っていなくても顔が小さくなったのがわかるぐらいですから一般の素人の方にはなかなか難しいのが現状ですからしっかりと2度ほど練習してもらうようにしています。
練習してもらうことは顔の触り方です。
小顔矯正

手を当てるだけではわからない

顔を触る時に単純に手を当てただけではわかりませんし、手をおいただけではわかりません。
小顔矯正をする時には両方の手首を合わせるようにして顎の部分に当てて手のひらと指を顔全体を覆うようにしてくっつけるだけなんです。
しかしただ手をくっつけただけではわかりませんし手をおいただけではわかりません。
顎の部分に手首送ってきたところを当てて手のひらと指で顔を覆うようにして触りますがこれをする前にまずは鏡で見て自分の顔の左右差を確認してみてください。
鏡で見たら自分の顔というのはどういう風に見えますか。
鏡で何を見るのかということを説明すると顔の形なんです。
顔の形というのは左右が同じではありません。
顔の形の左右を比べてみるわけです。

顔の左右差

例えばですけど礼を言えば右側が全体に大きいとか左側の頬骨の辺りだけが出っ張っているとかそういうふうに鏡で見てください。
または顎のラインが片側は出っ張っているのに反対側の顎のラインはシャープだとかいう感じですっきりしてると痒い状態で見た方がいいと思います。
鏡で見て自分の顔の形がわかったら今度は目を閉じて同じように出っ張りの度合いを想うか感じてみてください。
顔を触る時には左右差を感じるようにして触るわけですけど左右差を感じようとした時に手の集中力が増しますし頭を使うことができます。

感覚神経

頭を使うというのは感覚神経を働かせることができるからです。
感覚神経屋ての集中力を使って顔を触らないとただ手を当てただけではわからないということです。
感覚神経、手の集中力を増すことができない方が、いくらどんなに顔を小さくしても分かりません。
小顔矯正をして行く時には10 CM を20 CM も顔が小さくなることはありませんので1 CM だったり2 CM だったり3 CM だったりという風に顔は小さくなっていきます。

自分で小さくなったのがわかるように

どれぐらい顔が小さくなるのかということはスタッフが測ったりすることはありませんので自分で全て確認をしてもらいます。
小顔矯正をする前と小顔矯正をした後を比べることができるのが当院の特徴ですから必ず初回から顔が小さくなっていきますのでしっかりと触って覚えるようにしてもらうと顔が小さくなったのがわかる方は笑顔が違います。
大変難しい触り方ですが簡単ではありますのでしっかりと触って覚えておいてください。
今でも鏡を見て練習してもらった方がいいと思います。
そうするとしっかりと自分の顔がわかります。
また顔の皮膚をつまんでみることも一つの触り方でもあります。
顔の皮膚をつまんで見るとまた引っ張ってみると引っ張れば引っ張るれるほど顔がたるみが起きているのか脂肪が多いのかむくんでいるところです。

顔の皮膚を引き締める

顔の皮膚を引き締めていくこともできますのでそれらもしっかりと分かりながら触っておいてください。
そして小顔矯正をしている時には脂肪や浮腫みなどを改善することはもちろんなんですが何をしたら、さらに顔を小さくすることができるのかということになります。
ストレスというのは先ほど説明したように内臓や筋肉にたまっていくとだけ説明しましたが実は顔にも溜まっていくいます。
顔にストレスが溜まると顔がむくんだり脂肪が多くなったり顔の骨が肥大しながら炎症を起こしたり腫れたりということがよく起こっています。

顔に炎症やハレ

顔の骨が炎症を起こしたり腫れたりしていると吹き出物が多くなったり肌荒れが多くなったりお化粧のノリが悪くなることもありますしアレルギー性鼻炎や花粉症などが起こりやすくなることは当然ですが唇なども炎症を起こしたり晴れたりすることもあります。
それらを正常に戻していくことで顔が小さくなる子顔矯正をしています。
当院の小顔矯正は異常のある部分を見つけて改善して正常に戻す小顔矯正です。
今まで顔に異常がないかは一人もいませんでしたので30年小顔矯正をしてきて全員の方が顔に何らかの異常がありますしトラブルを抱えていますがとらぶるだということも分かっていない方が多くいますので院長が体調はどうですかとか調子は悪くないですかと小顔矯正に効くと全員が同じ答えを開始できます。
帰ってきた答えというのは調子が悪くありません体調はいいですという感じなんですが検査をしてみると異常と思えるほど体調が悪く骨盤の歪みは骨盤の開きがめちゃくちゃ大きくあったりする形や背骨がずれてガタガタになっているのに感じていないという方が多くいます。

体調の低下

体調の悪さや調子の悪さは自分で感じなければいけませんがあることが起きていると感じなくなっていきます。
あることというのは睡眠負債状態です。
最近は多くの方が寝ているようで眠れていませんので眠れていない方ほど脳が弱っていきますので痛みはこれを感じにくくなっていき自分は体調が良いと思っている方も多くいます。
夜寝ようとするとすぐ眠れる市朝まで目が覚めないから寝ていると思ってる方が多くいます。
眠りというのは大脳が休養とって寝ていることだけを眠りと言います。
どんなに人が見てスースー寝息を立てているような眠りをしていても大脳のことまでわかっていませんし大脳の中まで見えてはいません。
夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残りを覚えています。
眠りが浅いということは脳が弱っていくだけではなく脳細胞の急激な減少を招いていきますので今でも進行途中の可能性もあります。
小顔矯正
北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院。