腰痛がある時には

内臓が疲れると、色々な痛みやコリ・腰痛・肩こりになります。
腎臓が疲れた時に、腰痛、腰の痛み、ヘルニア、坐骨神経痛、シビレが起きます。
腎臓が疲れると、浮腫みが起きたりします。 腎臓に疲れがたまると、どうして腰痛になるのか??
小顔矯正、骨盤矯正、浮腫み解消、姿勢・猫背矯正、ウエストが細くクビレができる矯正、体重よりも見た目を細くするダイエット
それは、腎臓の疲れがたまると、骨盤のバランスが悪くなります。

骨盤のズレが起きます。

ズレを起こすのは、大腰筋、腸骨筋と言って骨盤の股関節に付着して骨盤の上の方や背骨についている筋肉です。
大腰筋、腸骨筋は、よくテレビで、ダイエットの時に出てくる筋肉です。
この筋肉に影響を出すのが、腎臓です。
筋肉と内臓は密接に関係しています。
この筋肉を良くすることもダイエットにつながります。
大腰筋、腸骨筋が緊張してくると骨のズレを起こしたり椎間板も牽引したりしてヘルニアを起こします。
大腰筋、腸骨筋が固く張ってくると、もっとひどい腰痛になります。
この場合も腎臓を回復させる必要があります。
施術法は、内臓から元気にしていく事です。
体が疲れたと言うことは内臓が疲れたと言うことです。
基本は内臓なので、全て内臓を原因にしていく事で大腰筋、腸骨筋も回復して戻ります。
あとは腰痛を楽にしたら、そこで腰痛がな良くなったかと言うと違います。
腰痛を起こした原因があります。
腰痛を起こした原因の改善は、痛みやしびれがなくなって、楽になったら始めませんか。
腰痛の原因である腎臓を強くして若返らせる方法が 『 体質改善 』 です 》

 

腰痛

【 腰 痛 腰の痛み ギックリ腰 ヘルニア 坐骨神経痛 】
腰痛、腰の痛み、腰が張るなどの腰にまつわる色々症状は骨盤の歪みや背骨のズレで起きています。
腰痛などが起きるのは、姿勢や重いものを持つ、体をヒネルなどの原因ではありません。
腰痛が起きる前に、ある条件が、揃っているから腰痛になります。
この腰痛が起きる条件が揃うと、後は切っ掛けで起こります。
この切っ掛けが、姿勢や重いものを持つ、体をヒネルなどです。
話を戻します。

腰痛の起きる条件とは、体にたまった疲れです。

疲れがたまると、体は歪みや背骨のズレを起こしていきます。
初めは、少しずつ背骨のズレや歪みが起きます。
次第に、大きく歪みを起こして、体を支え切れなくなります。
これが、ギックリ腰です。
ギックリ腰と言う急ではないけど、腰痛は起こります。
疲れが次第にたまると、腰痛は起きてしまいます。
では、腰痛が起きる原因である黒幕の疲れは何処にたまるのか!!!
それは、内臓にたまります。

内臓と言っても病気ではありません。

内臓に疲れがたまると、体は歪みを起こしていきます。
特に腰痛に関係する腎臓が疲れると、腰痛やギックリ腰になります。
悪化させると、椎間板ヘルニアや坐骨神経痛、足のしびれ、足の痛みになります。
腰痛を楽にしていく為には、この疲れがたまった腎臓を回復させて元気にしていく事です。
腎臓を元気にしていく事が出来れば、腰痛は軽くなります。
腎臓を回復させていいくと、骨盤の歪み、背骨のズレは改善していきます。
しかし、腰痛を起こした腎臓が弱くなっていると言うのは残ります。
腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

体質改善

これは、当院で施術している体質改善アンチエイジング(若返り)と言う方法で強くすることができます。
この体質改善は早い方で2回目から、普通は開けないで来院すると3回目から5回目の施術で進むことができます。
詳しくは、体質改善アンチエイジング(若返り)のページで
電器で痛みを散らしたりしていませんか?
電器は、痛みを散らしているだけで、腰痛の改善にはなっていません。
低周波などの電機は、特に筋肉疲労を作って、ほぐしたように装っているだけです。
ボキボキしても、同じことがです。
当院では、ずつと昔にやめてボキボキはしていません。
ボキボキしても刺激を加えているだけで、根本的な腰痛の改善にはなりません。

TOPへ